医療レーザー脱毛のデメリット

痛みを受けることが多い

医療レーザー脱毛を利用するときには痛みを受けることが多いのがデメリットです。脱毛は痛いのではないかということがよく懸念されていますが、レーザーの場合にはサロンの光脱毛に比べると痛みを伴いやすいのが問題点なのです。レーザーは強力な光を使用するので肌に対する刺激もかなり強いことは否めません。刺激によって炎症が起こってしまったり、痛みがあったりすることもあるのは確かなのです。医師としてはできるだけ痛みがないようにしようと努力していますが、敏感な人には痛くてどうしようもなくなることすらあります。ただ、そのまま継続することはなく、痛くないように対処をしてくれるので率直に痛いと伝えているうちに改善されるでしょう。

一回あたりの費用が高い

医療レーザー脱毛の問題点としてもう一つ挙げられるのが一回の施術にかかる費用の高さです。一回あたりの費用で考えるとクリニックで受ける医療レーザー脱毛よりもサロンの光脱毛の方が安くて済みます。医師という有資格者に脱毛をしてもらうので割高になるのは否めず、使用する機器も高価なので価格が高くならざるを得ません。ただ、保証のために価格が高くなっているのも確かです。肌のトラブルがあったようなときに無料で治療をしてくれる契約になっているクリニックが多いので、何かトラブルがあったときに対処してもらえる魅力があります。また、医療レーザー脱毛は一回あたりでは高くても、回数が少なくても効果が出やすいことから費用対効果は高いでしょう。